148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【うつと花】生け花がなぜうつ回復を助けてくれるのか。飾ってわかったそのワケ

スポンサーリンク

 

f:id:koyukiusagi:20190523143657j:plain

 

【花はやさしい気持ちを運んでくれる】

先日、友人の結婚式に参列してきた夫が

花束をいただいてきました。

 

小さな花瓶つきだったので、

すぐ生けて飾ることができました。

 

今はリビングのテーブルに

飾っています。

 

読書の合間に

顔をふとあげると、

すぐきれいな花が目に入ります。

 

その瞬間、

私の気持ちもふわっと

やさしくなれるのです。

 

 

【花は「感じる力」を取り戻させてくれる】

 うつのイライラや不安は

とても強くて、

つらいものです。

 

 休職への罪悪感が焦りを生み、

頭の中は不安でいっぱいになります。

 

そんな雲がかかった不安な気持ちさえ、

花はゆるめてくれるのです。

 

造花は枯れないことや、

手入れがいらないメリットがありますが、

 

私はぜひ

「生け花」を飾ることを

オススメします。

 

なぜなら「生け花」は

うつで休んでしまっている五感

働きかけてくれるからです。

 

  • 色を感じるー視覚
  • 香りを感じるー嗅覚
  • 花に触れるー触覚

 

この五感の回復を助ける力は

造花にはない力です。

 

 【花びんの水かえが自信をくれるワケ】

朝起きるとまず、

花びんの水をかえるのが

今の私の日課です。

 

なにげないこの

水かえですが、

 

実は

 

「私でも水をかえることができるんだ」

 

という自信をくれ、

自分を肯定してくれます。

 

 

ただぼーっとしているのと

花を眺めてぼーっとするのでは、

 

心地よさが全然ちがいます。

 

これからも時々

自分に花を贈ってみようかな、

と思う

今日このごろです。