148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【自分を変える方法】どんなにくだらない小さな夢も、動いて叶える

f:id:koyukiusagi:20190812115348j:plain

 【自分の枠から抜け出せず、悩むあなたへ】

失敗したくない。

恥をかきたくない。

 

だから

慎重に道を選んで

歩いてきました。

 

常識とか

評判とかを常に気にして

30年以上生きていたら

 

その枠から

飛び出せなくなりました。

 

自分を変えたいと思うけれど、

行動するより

頭で方法をアレコレ考えてしまうのです。

 

でも本当は、

そんな自分を変えたい!

 

自分の「枠」を壊したい!

 

そんなあなたへ、

おすすめの本があります。

f:id:koyukiusagi:20190806135411j:plain

【くだらない夢を次々と叶える】

 

 シングルマザーのテルマ

12歳の息子ルイと2人暮らし。

 

「仕事」と「子育て」を生きがいにしてきたテルマですが、

そんな彼女の目の前で

息子ルイが交通事故にあい、

昏睡状態になってしまいます。

 

悲しみにくれる母テルマ

 

しかしそんな時、

ルイの部屋で見つけた1冊の

「ぼくの不思議の手帳」が、

テルマとルイ、

そしてまわりの人生をも変えていきます。

 

 

ルイが記した「ぼくの不思議の手帳」には

ルイが死ぬ前にやってみたいことが書いてあります。

 

 

息子ルイの「夢」たちは

くだらなくて

ばかばかしくて

突拍子もないものばかりです。

 

でもその夢たちを

息子に変わって叶えていくことで、

テルマは確実に変わっていきます。

 

 

もうぼくが知ってるママじゃなかった。

 

もちろん、彼女は彼女だ。

 

でも、

ずっと素直だし、

ずっと陽気だし、

ずっと親密だし、

ずっとおかしい。

 

と同時に、

ずっとまじめだし、

ずっと表情豊か。

 

ずっとよくなったぼくの母だ。

 

(「ルーム・オブ・ワンダー 」より引用)

 

 

ルイの夢は

「常識」から考えていたら

叶えられないものも

たくさんあります。

 

でもテルマは必死でした。

 

息子のために、

自分のために、

常識なんてかなぐり捨てて

どんどん行動して夢を実現させます。

 

そしていつの間にか

テルマの中にあった「以前のテルマ」は

跡形もなく消えるのです。

 

f:id:koyukiusagi:20190806135855j:plain

【過去は過去のまま、おいていけばいい】

前の職業を続けたいなんていう気持ちは

もうまったくなかった。

 

以前の人生を続ける気もなかった。

 

自分の息子の夢を次から次へと実現していくうちに、

それまでの人間関係、

私の未来にたいする考え方そのものが

打ち砕かれてしまった。

 

私の以前の人生で残しておきたいものは

土台だけ。

 

 (「ルーム・オブ・ワンダー 」より引用)

 

頭でいくら考えても

夢は実現しません。

 

行動していないからです。

 

頭の中では

失敗してしまう夢でも、

 

動いてみれば

楽しくて

嬉しくて

幸せな夢として叶うかもしれません。

 

それは

行動してみないとわからない

のです。


間違っても成功しても、

動いた先には新しい世界が見えます。

 

もし間違えたとしても、

テルマのように

自分の土台があれば、

また新しい夢は

土台の上に作っていけます。

 

 

過去は変えられません。

 

だから、

過去を消したいなんて

悩まなくてもいいのです。

 

ただ、

過去は過去のままに

そこにおいていけばいいのです。

 

f:id:koyukiusagi:20190812140438j:plain

【足元に見える「小さな小さな夢」から叶えていこう】

テルマのように

最初からトップギア

夢を叶えることはできなくても、

 

少しだけ力がたまったあなたなら、

少しだけ日常を変えられます。

 

くだらないように見えても

どんなに小さくても

それは「あなたの夢」です。

 

 

あなたなら、

何から叶えていきますか。

 

【今回紹介した本はこちら】

ルーム・オブ・ワンダー [ ジュリアン・サンドレル ]