148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【人生に悩むあなたへ贈る本】立ち止まる勇気をもとう。自分にもどる時間をつくろう。

f:id:koyukiusagi:20190702092005j:plain

【悩んでいい。迷っていい。立ち止まっていい。】

もっと他の人生があったんじゃないか。

 

そう考えたことはありませんか。

 

20代のころの私は夜勤もバリバリこなす

「フルタイム看護師ママ」

でした。

 

仕事や育児家事をこなすのに精一杯で、

自分のことについて悩む時間はありませんでした。

 

「なりたい自分」なんて全然考えたこともなく、

ただ仕事と育児、家事をこなす日々でした。

 

30代になっても同じような日々でしたが、

慢性的な睡眠不足もあり、身体がついていかず、

うつになりました。

 

そうなって始めて時間ができ、

自分のことを考えるようになったのです。

 

もっと他にラクな道があったんじゃないか

 

他の人生があったんじゃないか

 

自分をそんな風に自分を責めました。

 

 でも今では

うつになって「立ち止まる」ことができて

良かったんだな、と思っています。

 

20代の勢いのまま

何も考えず走り続けていたらと思うと、

今は怖くてしかたがありません。

 

大事なのは「このままでいいのかな」と思った時

ちゃんと「立ち止まること」

なんです。

 

【大事なのは「立ち止まる勇気」】

人生には立ち止まって考えることも大事、

と教えてくれた本があります。

 

21歳のシングルマザー、珊瑚の物語です。

 

離婚し、0歳の娘・雪を抱えて働かなくてはいけなくなった珊瑚。

 

保育園には入園を断られ、途方にくれていた珊瑚は

「赤ちゃん、お預かりします。」

という貼り紙をみて、その一軒家へ飛び込みます。

 

・・・と書くと、最初は厳しい現実が主人公を襲うけど、

最後はみんなが助けて大成功みたいな物語なんでしょ、

と思われるかもしれません。

 

しかし、珊瑚を襲うのは

「リアルな現実の厳しさ」

です。

 

「やりがいのある仕事をしたいんです。

人の生活を支えるような食べものを提供したい。

生活ができることは大事だけど・・・」

 

「夢のようなことだよ、それは。

 

けど、商売やるんだってこと、稼ぐことを忘れちゃいけない。

 

自分がちゃんとゆとりのある生活を送っていればこそ、

人にもそういうものを提供できるんだから」

(「雪と珊瑚と (角川文庫) [ 梨木香歩 ]」より引用)

 

やりたいことが見つかりつつある珊瑚に、

現実を冷静にとらえることを促した言葉です。

 

夢ややりたいことが見つかると、

嬉しさのあまり地に足がつかなくなります。

 

やればできる、という精神論だけでは

現実の高い壁は乗り越えていけないのです。

 

 

この言葉で珊瑚は立ち止まれたからこそ

しっかり夢の実現に向けて色々なことを考え、

乗り越えることができました。

 

f:id:koyukiusagi:20190702111021j:plain 

 

【「立ち止まる時間」は自分でつくる】

物語の最後の方で、珊瑚は自分がなぜカフェを作ったのか、

そのこたえに気づきます。

 

誰かのための、居場所をつくりたい、なんて、驕った(おごった)考えだ。

 

自分がそもそも、そういう場所が欲しかったのだ。

 

母でも娘でもない、自分が今、ここにいる。

 

(「雪と珊瑚と (角川文庫) [ 梨木香歩 ]」より引用)

 

珊瑚が求めたのは、

「自分でいられる場所」を作ること

だったのです。

 

「立ち止まって自分のことを考える時間」が必要で、

だからそんな場所を、自分で作ったのです。

 

自分でいる時間、それは20代のころの私が

もっていなかった時間です。

 

なぜなら私は珊瑚のように

自分に戻る時間をつくろうとしなかったからです。

 

忙しいという理由で、

時間をつくる努力をしていなかったからです。

 

だから、声を大にしていいます。

 

「このままでいいのかな」と思ったときに、

「自分に戻る時間」を自分でつくりましょう。

 

5分でいいのです。

 

お茶を一杯飲む時間、

お風呂につかっている時間、

仕事が終わって一息ついた車の中。

 

5分だけ、立ち止まってみてください。

 

自分に自分のことを考える時間をあげてください。

 

忙しさを理由にしていては、いつまで立っても

自分に戻る時間も、立ち止まる時間も作れないままです。

 

自分の人生は自分にしか歩めません。

 

悩んだときこそ、立ち止まる。

 

迷って悩んだその先に、

あなたらしい人生が待っています。

 

【今回紹介した本はこちら】

雪と珊瑚と (角川文庫) [ 梨木香歩 ]