148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【家計を守る】カギは「自分を自分で満たす」こと!家計見直しは自分見直しだった

f:id:koyukiusagi:20190701183257j:plain

【お金が貯まらないのはなぜ?】

節約しているはずなのに、お金が貯まらない・・・。

 

そう感じたことはありませんか?

私もそうでした。

 

そんな時に目にとまった本がこちらでした。

えっ、中流以上でも家計破綻するの!?

とタイトルに衝撃を受け、読んでみることにしました。

 

【とりあえず、お金があるから買うことの怖さ】

「隠れ貧困」の事例で登場するのは40代のサラリーマン、

つまり団塊ジュニア世代です。

 

その妻の若かりし頃はちょうどバブル時代でした。



若いころは自宅に住み、

給料はすべておこづかい生活をしていたは、

結婚してからもその価値観から抜け出せません。

 

とりあえず、今、お金があるから、それで買い物をしたい。

 

(「隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計 (朝日新書) [ 荻原博子 ]」より引用)

 

生活レベルを落とすことができず、

夫の給料でやりくりできなくなった妻は、

実母へ相談します。

 

実母は金銭援助をし続けますが、

ついに資金は底をつきます。

 

ショックを受けた妻はパニックを起こし、

通院が必要な状態になってしまいました。

 

続きはぜひ「隠れ貧困」を読んでいただきたいのですが、

私はこの事例を読んだ時、背中がぞくりとしました。

 

とりあえず、お金があるからモノを買うということは、

モノで心の穴を埋めようとしている」状態です。

 

そして実母も娘に金銭援助をすることで、娘の

「モノをどんどん買うことは良いこと」という価値観を強化

しています。

 

吟味を重ね、本当に欲しいものを買ったなら

「嬉しさ」で心は満たされるかもしれません。

 

しかし「とりあえず」の買い物が

心を満たすことはありません

 

モノや日々の出来事を大切に思うこと、

その喜び自分の心を満たすのです。

 

f:id:koyukiusagi:20190702183031j:plain

【価値観を変えるのは、容易ではない】

  事例の妻や実母が育ってきた時代は、

モノを持つ=豊か

だった時代です。

 

長い時間をかけて築かれたその価値観を壊すことは、

容易ではありません

 

私がもしこの妻のような環境で育ってきたら、

価値観を変えられたかどうか・・・

自信がありません。

 

【自分の心を満たすことは、モノへの依存を捨てること】

モノで自分を満たすのではなく、

自分で自分を満たしていけば、

モノをどんどん買うことはなくなります。

 

それは見栄をはる生活からの卒業であり、

お金に依存する関係を断ち切ることでもあります。

 

家計破綻の道から脱出できるだけでなく、

自分自身もしあわせになれる道です。

 

自分の価値観を変えることは、

とてもつらい作業です。

 

でもその価値観が自分やまわりに不幸にしてしまうなら、

自分が変わらなくてはならないと思います。

f:id:koyukiusagi:20190628142625j:plain

【つまずいたから気づけた大切なこと】

心を満たすことが大事なんだ、と私が気づけたのは

うつになったから」です。 

 

ただがむしゃらに頑張っているだけだったら、

きっと「自分で自分を満たすことの大切さ」には

気づけなかったでしょう。

 

 

ここでつまずいたのも、

この本を手にしたのも、

意味があったのです。

 

「隠れ貧困」という本ではさらに、

自分の心を満たすと「家計も守られる」

ことを教えてもらいました。

 

この本は厳しくも愛情のある言葉で

あなたを応援してくれる本です。

 

隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計 (朝日新書) [ 荻原博子 ]

 

今日から一緒に

地に足つけて、

自分を見つめなおし、

暮らしていきませんか。

f:id:koyukiusagi:20190703155119j:plain