148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【これからの働き方を考える】「仕事と暮らしを分けない生き方」を教えてくれた本

f:id:koyukiusagi:20190712153903j:plain

【「働き方生き方の迷宮」入り】

手に職を、と看護師になった私。

 

看護師向いてないな、と思いながら続けていましたが

いろんなことが重なり、うつになりました。

 

看護師としての私を肯定できなくなっていましたが、

適職=生活のための仕事=看護師

と考えることで、やっと

看護師として働いていた自分を受け入れられました。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

148cmnonitijyo.hateblo.jp

「適職」の考え方で、自分を肯定できたことは大きかったです。

 

しかし、これからのことを考えると

看護師を再開するのか悩んでしまう自分がいました。

 

「やりたいことを楽しくビジネスにする」

という考えも捨てきれず、こんな本も読みました。

 

「やりたいことをビジネスにつなげた11人」のインタビューをまとめた本を紹介!

記事はこちら↓

148cmnonitijyo.hateblo.jp

 

まさに「働き方生き方の迷宮」入りしてしまった私が、

次に手にした本はこちらでした。

 

「人生を盗まれない働き方」

というサブタイトルに惹かれました。

 

人生を盗まれた働き方

人生を盗まれない働き方

その違いに興味がわいたのです。

f:id:koyukiusagi:20190712154046j:plain

【ワークはライフの中にある!?】

突然ですが

「ワーク・ライフ・バランス」

という言葉を聞いたことがありますか?

 

ワーク=仕事

ライフ=仕事以外の生活

バランス=調和

 

をとりながら生きることです。

(参考サイト「知っていますか? ワーク・ライフ・バランス | 特集-ワーク・ライフ・バランス | 政府広報オンライン」)

 

看護師時代から耳にタコができるくらい聞かされた

「ワーク・ライフ・バランス」ですが、

 

「ワーク」と「ライフ」を2つにわけて

そのバランスを取る

 

という考え方に、疑問をもったことはありませんでした。

 

 ところが著者はこう言うのです。

 

本当にワークとライフを分けて、

ワークは人生の負荷である、

という考え方でいいのだろうか。

(「ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方 [ 伊藤 洋志 ]」より引用)

 

この文章を読んで、

 

ワーク(仕事)とライフ(仕事以外)を分ける

f:id:koyukiusagi:20190712152544p:plain

という考え方に、

何の疑問も抱いていなかったことに気づきました。

 

プライベートを充実させるために

仕事をがんばる。

 

その結果、

がんばりすぎて体を壊す。

 

これでは何のためのワークでしょうか。

 

ワークを一生懸命やっても、

ライフが充実するとは限りません。

 

生きるためにお金もある程度は必要ですが、

健康はもっと必要です。

 

 

個人レベルではじめられて、

自分の時間と健康をマネーと交換するのではなく、

やればやるほど頭と体が鍛えられ、技が身につく仕事を

「ナリワイ」(生業)と呼ぶ。

 

(中略)

 

「ナリワイ」は、「生業」だから、

生活でもあり仕事でもある

 

労働かと言われれば、やっていて楽しいということも大事な条件なので、単なる労働ではない。

 

「ナリワイ」はあくまで、人生を直接充実させるような仕事を指す。

 

(「ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方 [ 伊藤 洋志 ]」より引用)

 

 

むしろ

ライフ(仕事以外)の中にワーク(仕事)がある

f:id:koyukiusagi:20190712152455p:plain

と言うのです。

 

【名前のない小さな仕事は、世の中にたくさんある】

そもそも「仕事」に名前をつける必要はあるのでしょうか。

 

名もなき仕事はあっていいし、

それを組み合わせて報酬を得られれば、

それは立派な「仕事」です。

 

会社に勤めるとか、

立派な肩書のある仕事につくことが「常識」

という固定観念に縛られていると

できない生き方です。

 

困ることはナリワイの種である。

 

(「ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方 [ 伊藤 洋志 ]」より引用)

 

その「生活の中の困りごと」をどう解決していくかが、

仕事の種になるのです。

 

まさに

ライフの中にワークあり

です。

 

その仕事を独占してしまうのではなく、

色んな人と楽しみながら仕事をしていく。

楽しみながら仲間をつくり、困りごとを解決していく。

 

そして小さな仕事を組み合わせて

儲けるのではなく

必要な分だけの稼ぎを得て

生きていく。

 

だから「仕事」がおもしろい。

 

だから「人生」がおもしろい。

 

これが

「人生を仕事に盗まれない生き方」

なんだな、と思いました。

f:id:koyukiusagi:20190712115706j:plain

【人生=暮らし。暮らしの中に仕事がある】

私はどんなときも「私」です。

 

笑っているときも

泣いているときも

怒っているときも

全部が「私」です。

 

それを仕事とか仕事以外とか、

切って分けようとするから、

おかしくなるんですね。

 

ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方 (ちくま文庫) [ 伊藤 洋志 ]

 

この本はまた1つの生き方、考え方を

教えてくれました。

f:id:koyukiusagi:20190712152455p:plain

私の中に暮らしがあって、

その中に仕事の種がある。

 

そんな暮らしをしていきたいです。

f:id:koyukiusagi:20190702181328j:plain