148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【うつをラクにするおすすめ本3】真面目でいい子、でも苦しい・・・そんなあなたへ贈る本

 

【真面目でいい子、でも苦しい・・・そんなあなたへ贈る本】

  • 「真面目でいい子」に生きるのがつらい
  • まわりのことを考えて、道を選んできた

 

そんなあなたに

おすすめしたい本があります。

 

なぜなら私も同じだったから。

そしてこの本に気持ちを救ってもらったからです。

 

なぜこの本が真面目で生きづらい気持ちを救ってくれるのか?

 

私の体験をふまえつつ、お伝えできればなと思います。

 

 

【「まるごとの自分」を受け入れてほしかった】

「お前は昔から真面目すぎるんだ。

みたいによ、0点とってもアハハって笑えるくらいでないと」

f:id:koyukiusagi:20190606125523p:plain

うつになったあと、父親から言われた言葉です。

 

何も言えませんでした。

 

それって、私のこと全否定だよね

 

違う人間になれってこと?

私は私のままじゃ、やっぱり駄目なんだ?

 

親ですら、私のことを肯定してくれないんだ。

 

休職した自分、うつになった自分はやっぱりダメなんだ・・・

 

目の前にあるのは「絶望」でした。

f:id:koyukiusagi:20190516174517p:plain

 は私に「もう少し楽に考えてみなよ」と伝えたかったのかなと思います。

 

でも当時は「自分の存在に価値がない」と自分を責め続けているときです。

 

そんな中での父からの

「お前は真面目すぎる」

「妹みたいに楽観的に考えるようにならないと」

という言葉は、

本当に私を追い詰めました。

 

言い返す言葉なんてありません。

ただ泣くしか、ありませんでした。

f:id:koyukiusagi:20190509134513p:plain

【小説の言葉が、心を軽くしてくれた】

そんなとき小説「阪急電車出会いました。

 

阪急電車は、片道15分のローカル線を舞台にしたお話です。

 

各駅ごとの短編でもあり、その登場人物同士が少しずつ重なり合って別れていく長編でもあります。

 

何気ない日常の中に色々な人生があって、重なったりすれ違ったりしていく・・・

読み終えたときには日々の生活が、違った目線で見えてくる小説です。

 

「大丈夫や、悦子はしっかりしたええ子や。

 

下の兄弟のこと考えて親の負担も考えられて、

将来の資格のことまで考えられる。

 

悦子の選んだことが悦子にとっては一番正しかった。

 

その教師は全然見る目がないわ。こんなええ子捕まえて」

(「阪急電車東園駅(折り返し後)」より引用)

 

彼女である高校3年生の悦子にむかって、

「バカだけど優しい(社会人の)彼氏」が言った言葉です。

 

私がほしかった言葉はこれだったんだ。

 

がんばってきた私を、ただ「認めて」ほしかった。

 

がんばってるなって、ただそう言ってほしかっただけだった。

 

この文章を読んでそう気づきました。

f:id:koyukiusagi:20190604121856p:plain

現実で「お前はお前でいいんだよ」と言ってもらえない分、

この文章を何度も読みました。

 

読むたびに本の中の「彼氏」が、

「お前はしっかりしたええ子や」と言ってくれました。

 

何度も読んで、何度も泣きました。

【生きづらさの素を知る】

思えば、小さいころから私は「真面目」と言われ続けました。

f:id:koyukiusagi:20190606123712p:plain

勉強はキライでしたが、成績が悪いことで親が何か言われたりするのもイヤで、それなりに勉強しました。

 

でもちっとも楽しくなかったです。

 

なぜならその勉強は外面をよくするための、人のための勉強だったから

f:id:koyukiusagi:20190606123852p:plain

しっかりしたいい子と昔から言われました。

 

でも本当の私はいつも無意識に

「私は真面目じゃない!いい子じゃない!」

と心の中で叫んでいた気がします。

 

長女で下にきょうだいもいたので、私が受験でつまずくときょうだいの進学にも影響がでます。

 

順調に卒業して仕事して自立する必要がありました。

なので、手に職をつけようと学校も職も選びました。

 

まわりをみて、まわりが困らないように自分の道を選んできました。

f:id:koyukiusagi:20190606124002p:plain

でも、人のために道を選んでいたら、

いつの間にか自分がやりたいことがなんなのか

わからなくなっていました。

 

いつも不安で、自分の選んだことに自信がなくて。

やってて楽しいと思ったことなんてどれだけあっただろう??

 

楽しむことがなんなのか、

どうしたらいいのか、わからなくなってしまっていました。

f:id:koyukiusagi:20190423155310p:plain

【自分が好きだから、しあわせに生きられる】

いまでは学校の勉強は一ミリも覚えていません(苦笑)

 

仕事も辞めました。

 

将来の保証も全然なく、「安定」からは程遠いです。

 

でも私は今日も生きています

 

むしろそのころの私より「今の私」の方が好きだし、しあわせです。

f:id:koyukiusagi:20190426120049j:plain

いい会社に入って、

安定した収入があって、

生活していく。

 

確かに、社会で生きるためにはお金はほどほどに必要です。

 

子どもに不安定な生活はさせたくない。

私も親になったので、その気持ちはわかります。

 

だけど、それだけじゃ「しあわせ」にはなれないんです。

 

「自分」が好きだから、

「しあわせ」を感じられるんです。

f:id:koyukiusagi:20190523180643p:plain

 

 

 

阪急電車 が、

「バカで優しい彼氏」が悦子を通して「私」のことを「認めてくれた」から、

親の言葉から抜け出すことができました。

 

親も人間です。

親の言葉が常に正しいとは限らない。

 

それを頭におきながら今では親の言葉を聞いています。

それだけで、ずいぶんラクになり、

落ち着けるようになりました。

 

 この本が、あなたの心もラクになるきっかけになってくれれば、幸いです。

f:id:koyukiusagi:20190523160335p:plain

阪急電車 (幻冬舎文庫) [ 有川浩 ]