148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【こどもの誉め方に悩むとき】こどもは誉めずに「認めて」育てる

f:id:koyukiusagi:20190731161404j:plain

【誉め続ける子育ては、しんどい】

誉める子育てが大流行しました。

 

けれど、

毎日誉めていると

こどもは誉められることに慣れてきます。

 

親も、

「誉めて育てなきゃ!」と

逆に追い詰められ、

うまく誉められないと

悩むようになります。

 

誉めることが悪いとは思いませんが、

なんでもかんでも

「誉める」のは

どうなのかな、と

日頃から思っていました。

 

 そんなとき、

先日紹介したこの本を読みました。

 

すると

「誉めるのではなく、認めるだけでいいんだ」

と、気持ちがラクなったのです。

 

 

 【誉めるのは「ほどほどに」する】

他者から承認される歓び

 

(中略)

 

社会的関係の中で、その人の活動なり、

あるいは存在そのものが認められる

 

(中略)

 

承認のモメントは、人間にとって非常に重要です。

だからこそ、「シカト(無視)」されると非常に辛いし、

しばしば承認をめぐって争いが起こることさえあります。

 

(「友だち幻想 」より引用)

 

 

「承認」=「認める」ことで

承認欲求が満たされ、

歓びに変わります。

 

しかし承認欲求がエスカレートすると

「認める」だけでは足りず

「誉める」ことを相手に要求していきます。

 

誉め続けることって、

実はしんどいです。

 

 

誉めることを求めてくる人は、

事実を言うだけでは満足しません。

 

事実を認めたうえで、

「それ、良いね」まで言ってもらいたいからです。

 

でも「それ良いね」と思っていないとき

「良いね」まで言うことを相手から要求されるのは

とってもしんどいです。

 

 

誉める子育てを続けていると、

こどもの「誉められて満足するレベル」を

とても高くしてしまいます。

 

誉めることが悪い、と

言っているのではありません。

 

誉めるのはほどほどに

と言いたいのです。

f:id:koyukiusagi:20190731160855j:plain

 【できているところを「誉める」のではなく「認める」】

こどもは親に

「認めてほしい」

のです。

 

認める=事実を口に出すこと

です。

 

わが家では、

モノを床になるべく置かないのがルールです。

 

でも

朝着替えたパジャマが

床に散らばっていることも

よくあります。

 

だからこそ逆に、

パジャマが床にないときは、こどもたちに

「今日は床にパジャマがないね!」

 と、あえて口に出して事実を伝えるのです。

 

それはこどもたちに

「ちゃんとやれていること、母はわかっているよ」

承認のメッセージを送っていることと同じです。

 

誉めるのでなく

事実を口に出して伝えること=「認める」ことは、

親もこどももお互いにしんどくない

承認のしかたです。

f:id:koyukiusagi:20190731161521j:plain



【良い事実はどんどん言葉にしよう】

「お皿、洗面台にいれてくれたね」

「ハンカチ、洗濯機にいれてくれたね」

「今日は目覚まし鳴る前に起きれたね」

 

そんな事実を、

できれば「良い事実」を

こどもに言葉にして伝えてみませんか。

 

それだけでこどもは

「お母さん、僕のこと見てくれてるんだ」と

安心します。

 

その安心感は、

「存在していいという安心感」そのものです。

 

安心感が土台にあるから、意欲が湧くのです。

安心があるから、いろんなことができるのです。

 

それは、こどもだっておとなだって

同じですよね。

 

失敗しても次に進めるのは、

失敗しても成功しても

自分の存在を認めてもらえるという

安心感があるからです。

 

つい、

「できてすごいね」と誉めたくなるのですが、

あえて誉めることはしません

 

その代わりに

「ありがとう」

「助かったよ」と、

伝えるようにしています。

 

誉めずに「認める」、

そして「感謝を伝える」こと。

 

それが大事なんだなと、

日々の子育てや

自分のうつの経験を通して

感じています。

 【今回紹介した本はこちら】

友だち幻想 人と人の〈つながり〉を考える [ 菅野仁 ]