148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【ほうき掃除=こころの整理】きれいな床をみて「私もできる」自信を取り戻す

もくじ

 

【月曜日は掃除始め】

本日は月曜日ですが、運動会の代休でこどもたちがワチャワチャしています。

 

私は基本的に土日掃除をしません

掃除をしてもそのそばからすぐにお菓子くず、消しくずで汚れていくのがかえってストレスになるのです。

せっかく掃除したのに、とかえってイライラ。

f:id:koyukiusagi:20190517113008p:plain

そこで、土日は毎日のトイレ掃除や洗面台掃除くらいにとどめ、

廊下やフローリング掃除はしないことにしています。

 

しかし本日は月曜日。

こどもたちは居るのですが、ルーチンの床掃除をしないでいたら、

からだの方が「今日は掃除の日でしょ~」とウズウズしだしました。

f:id:koyukiusagi:20190527150248p:plain

そこで、こどもたちが遊びに出かけた午後いちの時間に、ほうき掃除をしました。

 

【掃除機にもやもや期】

以前は掃除をする=掃除機をかけるでした。

仕事をしていたので、掃除機をかけるのも多くて週1がやっと。

疲れていると1ヶ月に一回掃除機かけるだけのことも多かったです。

 

f:id:koyukiusagi:20190527150340p:plain

もともと、掃除機をかけることがあまり好きではなかった私。

なぜなら掃除機をかけるといつも汗だくになり、換気しながらかけているのに、空気がほこりっぽく感じていました。

 

もちろん掃除機にもいい所はあり、引き戸のレールのゴミとりは掃除機の方がラクです。

壊れてしまった食器も、掃除機ならささっと吸えるので、こどものいる家庭にはとてもありがたいです。

ちなみにわが家で使っている掃除機はこちら。

 

 本体がとても軽量で、持ちながら掃除できることと、ゴミ捨てやゴミカップの手入れが簡単だったので買いました。

カーペット掃除は、やはり掃除機の方がよいです。

 

【うつとさよならするために掃除はおすすめ】

うつとさよならするには、実は掃除もおすすめです。

f:id:koyukiusagi:20190517094610p:plain

掃除をすると部屋がきれいになる、という成果も得られます。

自分の力でできた!床が見えた!という事実が目で見られると、自分もできるんだ、という自己肯定になります。

花びんの水をかえて、水かえできた!という達成感を味わうのと同じですね。

148cmnonitijyo.hateblo.jp

うつで仕事を休職し、家にいるようになった私は、そうじを始めました。

 

しかし掃除機で毎日掃除をするというのは、今まで習慣になってなかった身には、なかなか大変です。

掃除機を出すのも面倒、モーター音もうるさいし、電気代も気になる・・・。

稼いでいないという引け目もあり、電気代をつかって掃除機をかけることに、一番抵抗がありました。

f:id:koyukiusagi:20190522160027p:plain

せっかく始めた掃除でしたが、挫折感を味わい、次第にやらなくなってしまいました。

 

【長柄ほうき購入で、ほうき掃除にハマる】

やまぐちせいこさんのブログで「長柄ほうき購入」の記事を読んだのは、多分その頃だったと思います。

掃除の新アイテム。棕櫚七玉長柄箒買いました。 - 少ない物ですっきり暮らす

 

掃除機は苦手だけど、ほうきなら音もでないし、電気代も使わないからいいかも、と思った私。

最初は家にあった百均のチビほうきを使ってみましたが、テーブルの消しカスとりには最適でしたが、床掃除には合わず使用を断念しました。

 

そこでホームセンターに唯一あった長柄のほうきを、思い切って購入しました。

f:id:koyukiusagi:20190518211255p:plain

長柄ほうきを使うのは、始めてでした。

使ってみると、その良さにすっかりはまってしまい、毎日ほうき掃除をするようになりました。

 

掃除機は、音と電気代にせかされて「早く掃除を終えなきゃ」という焦りがあったのですが、ほうきは電気代もかからず音も静かです。

自然と自分のペースで掃除ができるようになりました。

f:id:koyukiusagi:20190527150248p:plain

また長柄のほうきは腰を曲げずに掃けるので、とてもラクです。

履いている間もスマホでクラシックやジャズを聞きながら掃除ができます。

つまり掃除時間=自分時間として過ごせるのです。

それはとてもゆったりしていて、心地いい時間。

自然と心も落ち着いていきます。

 

ぼーっとしているでもなく、でも焦ることもなく、マイペースに掃除をするだけで、最後には家がきれいになっているという成果もついてきます。

きれいになった床をみると「私でもきれいにすることができた」と小さな自信がわきます。

f:id:koyukiusagi:20190509111844p:plain

【心地いいことは続けられる】

そんなわけで、今でも長柄ほうき掃除は続けています。

理由は「心地いいから」というシンプルなもの。

 

掃除は掃除機を使うもの、という固定観念とさよならし、嫌々掃除をする自分とさよならできました。

 

更にほうき掃除という「今の自分に合った方法」を取り入れたことで、苦手だった掃除が大切な自分時間に変わりました。

 

家がきれいにしなきゃ、と早く結果を追い求めるのではなく、それにいたるまでの経過も楽しめるようになったのは、大きな変化だと思います。

 

そうやって、自分に合う方法をあれこれ試して見つけられると、ゆううつ気分も少しずつさよならして離れていってくれるのです。

 

自分がもやもやしていることは、無理して我慢してやっているサインです。

 

苦しいなと感じていることはそもそも続けられないし、無理して続けても心地よくはなれません。

 

「心地いことは続けられる」

 

そんなシンプルなことわりこそ、自分が心地よくラクに生きるために大事なんだなと思います。

自分にとっての心地よい掃除方法を、見つけてやってみませんか。

f:id:koyukiusagi:20190424142352p:plain

 

 

 

暮らしと眠りを楽しむ店 和っふる