148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【ヨシタケシンスケさん本】うつをラクにしてくれたオススメの3冊

スポンサーリンク

f:id:koyukiusagi:20190926154945j:plain

ヨシタケシンスケさんの本を読んだらラクになった】

イラストレーター・絵本作家の

ヨシタケシンスケさんの本は、

図書館で何回も借りて

読みました。

 

そのほとんどは

うつ病になってから

読みました。

 

ヨシタケシンスケさんの本は

どの本も

うつで自分を責め続けていた私の心

ラクにしてくれました。

 

ヨシタケシンスケさんの本が欲しくて

書店にいくたびに、

児童書コーナーに足を運びました。

 

でも、

1冊買うと

一気に全部おとな買い

してしまいそうで、

 

お財布の中身をのぞきながら、

買いたい気持ちを

グッとこらえていました。

 

しかし。

 

先日「人気絵本のひみつ展」に行ったのが

まずかった・・・(!?)!

 

家族4人全員

すっかりヨシタケシンスケさんファンに

なってしまったのです・・・!

 

そしてついに私は、

心に決めたのです。

 

ヨシタケシンスケさんの本

 

何がなんでも

 

9月中に

 

絶対に買うと!!

 

【人気絵本のひみつ展、行ってきました】

さて、

私にヨシタケシンスケさんの本を

買わせてしまった展覧会がこちら、

 

人気絵本のひみつ展

 です。

f:id:koyukiusagi:20190926152629j:plain

 

絵本・児童書の情報雑誌MOE

創刊40周年記念として開催。

 

ラッキーなことに

開催地のひとつが地元だったので、

 

ずーーーーーーーーーーーっと

「ぜったい行く!!」

と叫んでいました。

 

島田ゆかさん

酒井駒子さん

ヒグチユウコさん

ヨシタケシンスケさん

なかやみわさん

 

という5名の人気絵本作家さんの原画

ナマで見れてしまう、

すごい展覧会です。

 

写真撮影OKなパネルもあり、

思い思いのポーズを取りながら、

撮影してきました。

 

原画を目にして思ったのは、

熱量の

すごさ・・・!!

です。

 

印刷された絵は

もちろんきれいだし、

かわいらしいです。

 

でも原画では

印刷では表現しきれない

いくつもの絵の具の筆や

色鉛筆の息づかい

そのまま見ることができます。

 

絵本でみる1ページの絵に

作家がこめた思い時間

原画からは、にじみだしています。

 

「すごすぎる・・・!」

 

静かに興奮しながら

カメよりもゆーーーっくり歩きつつ

鑑賞していたら、

 

子どもと夫から

置いていかれて

迷子になっていた私でした・・・。


【10月までに何買う?もちろん、本!】

中でも、

家族全員でハマってしまったのが

ヨシタケシンスケさんのブースです。

 

図書館で借りて

何度も読んだはずなのに、

やっぱり、あらためて読むと

 

おもしろい!

 

普段、本をほとんど読まない夫まで

ヨシタケシンスケ絵本の

とりこになっていました。

 

やっぱり、

これは、

増税前に・・・

 

ヨシタケシンスケ絵本

買います!

 

完全に

「人気絵本のひみつ展」に

背中をトンっと押されて

 

うんうん

うなった末に、

 

こちらの3冊を買いました。

 

f:id:koyukiusagi:20190926163006j:plain

【心をラクにしてくれた本1「おしっこ ちょっぴり もれたろう」】

おしっこがちょっぴりもれる事に

悩んでいる

おしっこちょっぴりもれたろう君。

 

でも家の外に出てみると、

みんなそれぞれに

困ったことを抱えて生きていることに

気づきます。

 

そしてラストには

おしっこちょっぴりもれたろう君の

身近なアノ人も

仲間だと知って嬉しくなるお話です。

 

アノ人も実は

おしっこちょっぴりもれたろうだった!と知った時の

おかあさんの表情が

傑作!

 

です。

 

 

実はこの本は、

うつ病になってから読みました

 

「生きづらいな、

困ったな、と思っているのは

 

私だけじゃないんだ・・・

 

そう思えたら

ラクになっていました。

 

そんな風に

私を救ってくれた絵本でもあります。

 

おしっこちょっぴりもれたろう [ ヨシタケ シンスケ ]

f:id:koyukiusagi:20190926164532j:plain

【心をラクにしてくれた本2「あるかしら書店」】

 町はずれにあるあるかしら書店。

 

「〇〇についての本、ありますか」

 

「ありますよ!」

 

あるかしら書店では

今日もそんな会話が

かわされています。

 

店主さんが持ってくる本のタイトルは

 

  • 読書サポート本
  • 本の降る村
  • 本とのお別れ請負人

(「あるかしら書店」目次より一部引用)

 

などなど、

一度聞いたら忘れられない

おもしろそうなタイトルの本ばかり。

 

本「あるかしら書店」は

そんなあるかしら書店の

ベスト本を紹介している本

なのです。

 

 

うつ病になってからしばらく、

私は「楽しい」という感情が

ほぼありませんでした。

 

そんな中読んだ

「あるかしら書店」の中にある本は、

私の心に「楽しい」という感情を

運んできてくれたのです。

 

「最近、

おもしろいことないな・・・

つまんないな・・・」

 

そんな気持ちになったとき

「あるかしら書店」を

開いてみるといいかもしれません。

 

あるかしら書店 [ ヨシタケ シンスケ ]

f:id:koyukiusagi:20190926164545j:plain

【心をラクにしてくれた本3「つまんない つまんない」】

 私、夫、そして息子と娘の

4人がいちばん笑いころげた本

こちらです。

 

つまんない・・・はずだったのに、

つまんないことを考えていたら

いつの間にか

 

つまんなくなくなった!?

 

そんな

つまんないけど、

つまんなくない絵本

です。

 

カバーの子どもたちの

つまんないよ座り方

すばらしさと言ったら!

 

どの子をみても、

つまんないオーラ満タンです。

 

つまんないことも、

考え方ひとつ

こんなに「つまんなくない=おもしろい」のか!

と、びっくりしました。

 

この本も

うつになってから読みました。

 

「私自身が存在していることが、

いけないんだ」

 

という

自己否定の気持ちが

うずまいていた頃、

絵本「つまんない つまんない」は

 

 

「考え方ひとつで

同じものは違ってみえるんだよ」

 

「私自身はそのままで

いいの。

 

ただ考え方を変えるだけで

生きることはラクになるんだよ」

 

ということを

私に教えてくれました。

 

今思えば

認知行動療法に通じるエッセンスを、

この本から自然ともらっていました。

 

ちなみに行動認知療法とは・・・

私たちのものの受け取り方や考え方のクセを見直していく療法です。

 

「つまんない つまんない」を

読み終えたとき

私の気持ちはとてもラク

なっていました。

 

つまんない つまんない [ ヨシタケシンスケ ]

f:id:koyukiusagi:20190926165844j:plain

 

【おわりに】

いかがでしたか。

 

ヨシタケシンスケさんの本は

どれも大好きなのですが、

 

今回は読んで心がラクになった本を

3冊選んで紹介しました。

 

この本たちが

あなたの心もラクにしてくれることを願っています。

 

【今回紹介した本はこちら】

おしっこちょっぴりもれたろう [ ヨシタケ シンスケ ]

 

あるかしら書店 [ ヨシタケ シンスケ ]

 

つまんない つまんない [ ヨシタケシンスケ ]