148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【うつからの回復】小さくたくさんつまずこう。つまずいたって大丈夫!「つまずいてラッキー」と叫ぼう

【つまずかない人は、一人もいない】

つまずきたくない。

失敗したくない。

f:id:koyukiusagi:20190423155158p:plain

そう思う人はたくさんいると思います。

 

しかし失敗のない人生を送れる人は、一人もいません

 

失敗する確率の低い道ばかり選んでいると

挫折したときの精神ダメージはとても大きくなります。

 

その結果立ち直るのために多くの時間が必要になるのです。

f:id:koyukiusagi:20190509122614p:plain

【失敗しない道を選びすぎた私】

以前、私は今まで「真面目に」「いい子に」見えるように生きてきたことを書きました。

 

それと同時に「失敗しないように」も道を選んで生きてきました。

「失敗するのが恥ずかしかったから」です。

148cmnonitijyo.hateblo.jp

 

 私が看護師になったのは「なりたいものがなかった」からです。

 

看護師なら何とか就職でき、親に頼らず一人で暮らしていけると思いました。

 

下にきょうだいもいたので、私が進学就職につまずくと大変なことになります。

 

つまり、進学就職もなるべく失敗しない道を選んできたのです。

f:id:koyukiusagi:20190531182550p:plain

幸い、病院は転職したものの、足かけ10年以上看護師として働くことができました。

その間に大きく失敗したことといえば、運転免許の実技で2回落ちたことくらいです。

 

看護師という職業は「自分のミスが患者さんの命を左右しかねない」というプレッシャーが常にあります。

この重圧が「失敗しないように生きる」という道をさらに加速させました。

 

毎日毎日がつらく、生きづらかったです。

自分のためでなく、親や夫、こどものために働いているんだという気持ちも、とても強かったです。

f:id:koyukiusagi:20190509134513p:plain

 

【「私には何にもないんですね」】

そんな毎日を10年以上続けた末、私はうつになりました。

 

こどもの頃から真面目に生きてきすぎたので、真面目歴は30年以上になります。

そんな私を変えるためには、うつという大きな出来事が、必要だったんだと思います。

 

大卒だって無職になる "はたらく"につまずく若者たち【電子書籍】[ 工藤 啓 ]

この本はNPO法人「育て上げ」ネット理事長の工藤啓さんが書かれたものです。

支援の中で出会った現代の若者たちの様子が、小説のようにつづられています。

 

「働きたいけど働けない」背景は本当に人それぞれで同じものはありません。

ニートになった理由すら、「わからない」ことも多いとこの本を読んで知りました。

 

f:id:koyukiusagi:20190515115338p:plain

若者の中の一人、B子さんは有名女子大4年生です。

おとなしい性格で、飲み会でもほとんど相づちを打っています。

 

そんなB子さんが、言った言葉です。

「やりたいこともないし、履歴書に書くようなこともない。

私には何もないんですよね」

(「大卒だって無職になる」より引用)

 

この時のB子さんは何社かの会社に落ち、就職活動を休んでいる状態でした。

 

私はB子さんの言葉に、思わず「同じです!」と声をあげたくなりました。

 

私も看護師になる道を選んでいなかったら、「やりたいことが何もなく」就職できなかったと思うのです。

f:id:koyukiusagi:20190423155310p:plain

その後B子さんは、同じような境遇にあったR子さんの事例を聞き、悩みをふっきって動き出すことができました。

 

【「退職が人生初の挫折」だったI君】

失敗するのがこわかったI君は、始業2時間前に出社して準備を万端にしていました。

そんな働き方がもとで、心身ともに追い詰められ退職することになってしまいました。

 

人生初の挫折は退職だった。

一度も失敗したことがないというI君のこと

(「大卒だって無職になる」より引用)

 

I君を通して、何だか自分をみているようでした。

 

私も失敗を恐れすぎるあまり常に全力すぎて力を抜いてもいい所がわかりませんでした。

 

【小さくたくさんつまずくことで、自分がわかる】

B子さんやI君の話から、失敗しない道を選ぶのではなく、

「小さくたくさんつまずくことが大切だ」

ということがよくわかります。

 

失敗をしてそれを乗り越えることで、心も少しずつ成長していきます。

方法や道がたくさんあることも、わかってきます。

 

得意なことや苦手なことも自覚し、自分がやりたいこと、好きなことも見えてきます

 

私がブログを始めたのは、やりたいと思ったからです。

読書も楽しくて続けています。

他にも始めたことはいくつかありますが、続かなかったものあります。

でもそれでいいんだと思います。

f:id:koyukiusagi:20190515115411p:plain

頭で考えるよりまず行動が大事なんだ、とようやく知りました。

 

おとなになってから大きな挫折を味わったとしても、大丈夫です。

私はそのひとりですが、今も生きています。

 

これから再スタートなんて遅すぎる、ということは絶対にありません。

人生まだまだこれからです。

 

 失敗も挫折も、たくさんのことを教えてくれます。

つまずいたら「ラッキー!」と叫んで、マイペースに進んでいきましょう。

f:id:koyukiusagi:20190513113719j:plain