148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【うつ寛解と私4】3連休の最終日は気持ちが赤信号。顔は般若でこころは地獄絵図

スポンサーリンク

 

最近はコーデの記事を書いていて

めっちゃ日々しあわせ!に

見えるかもしれませんが、

 

そういう日もありますが

そうでない日も

もちろんあります。

 

人間だもの。

うんうん。

 

 

 

昨日は9月の連休最終日でしたが、

久しぶりに抗不安薬を飲みまして。

 

んでお昼すぎですが

まだパジャマでして。

 

 

イライラしすぎて眠れなくて

目つきがもう怒ってる通りこして

無惨様(鬼滅の刃より)みたいに

なってまして。

 

まあ、

そういう日もあります。


f:id:koyukiusagi:20210921132543j:image

(せめて写真は、癒しの秋晴れを。)

 

 

【3連休最終日は、精神状態まじアブナイ】

 

子どもが家にいる長期休み中は

うつ寛解したとはいえ、

気持ちの浮き沈みの幅が

どでかくなります。

 

夏休みもやばい日が

何度かありまして。

 

それはまた別の記事に

しようと思っているのですが

(もったいぶってます)

 

夏休みほどではない3連休も、

わたしにとっては

結構アブナイです。

 

特に2021年9月は

  • 9/18、19、20の3連休
  • 9/23の祝日

というように、

 

一週間に4日も!4日も!

4にち、も!!

(いやよっかだろ読み方おくり仮名)

学校おやすみの日が

あるんですね・・・

げんなり・・・

 

しかもうちは

夫の仕事がやや不規則で、

土日は休みだけど祝日は仕事。

なので、

 

わたしがガーーーーーーッと

怒ってしまったときの

ストッパー役が

祝日はいません。

 

これ、なかなか、エモイ。

(エモイの使い方・・・)

 

というわけで、

昨日の3連休最終日夜、

 

いつもなら聞き流せる

(かもしれない)

息子のわたしへの文句が

引き金となり、

 

さらに

そこに夫も息子の意見に

同調したため

 

一気に般若と化したわたしは

抗不安薬飲んで寝るハメに

なったわけです。

 

3連休、

ホントキライ。。。

 

 

【3連休の鬼門その1・子どもの大きな音で朝から寝不足になる母】

 

休みになると

子どもは早起きになります。

 

なんでなんでしょうね~?

 

まあともかく、

ビバ☆連休!モードに入った

子どもたちは、朝からこうなります。

 

朝早くから音量昼間レベルで

テレビつける

テレビに合わせてダンスする(娘)

目覚ましは自動で鳴り終わるまで

消さない(息子&娘)

わたしまでいつもより早く起きる

ザ・寝不足!!!

 

となります。

 

【寝不足はうつ再発の敵、だから】

 

寝不足でただでさえイライラの上、

さらにわたしはうつを患ってから

寝不足に対する恐怖心が

人一倍強くなっています。

 

そもそもわたしは

夜勤やりすぎによる寝不足が

うつ発症の原因の1つ

でしたので、

 

いまでもスッと眠れない日は

「ヤバイヤバイヤバイ」という

焦りがすごくなり、

 

さらに焦って

眠れなくなる。という

悪条件に陥ることも

しばしばです。

 

さらに年のせいもあるのが

昔よりも眠りが浅いため、

ちょっと物音がすると

すぐ目が覚めやすくなりました。

 

なので3連休は

連日寝不足になりやすい、

「眠らなきゃ!」と焦りやすい

環境におかれます。

 

【3連休の鬼門その2・わたしだけかもしれないが、昼飯準備がちょーストレス。】

 

わたしは生来、料理が

だいっつっっつきらい!!!

です。

 

そのだいっつっっつっきらいな

料理を

ずーーーーーーーーーっと

続けているわけですが、

 

もし宝くじあたったら

毎日ケータリングにしたい!!!

と思っています。

 

それぐらいイヤです。

 

しかし家計予算的に

毎回外食するわけにもいかず、

しかたなく作っているわけですが、

 

連休が入ると

昼飯準備をしなければならず

キライなことをする回数が

単純に増えるわけです。

 

ザ・ストレス!!

 

「おかあ~さーん、お腹へったー」

と言うくせに、

 

「ご飯できたよ!」

と声かけると

 

「もうちょっとしたら行く~」

というこの返事にも

地味にイラッとします。

 

寝不足だから

イライラの沸点が

めちゃくちゃ下がってるんですね。

 

そんでそこに

 

「えー、また○○

 (メニュー名)なの?」

 

なんて言われようものなら

もう・・・

 

 

地獄絵図と化します・・・

(わたしの顔も心も)

 

【3連休の鬼門その3・子どもたちがしょっちゅうケンカする】

 

心がすさみきったところへ

トドメを刺してくるのが

「子どもたちのケンカ声」

です。

 

これはもう、

聞こえてくるだけでイライラ。

 

しかも平日なら夕方~夜にしか

ケンカは発生しませんが、

(昼間は学校があるから)

 

連休は朝・昼・晩と

スペシャルサービスばりに

ケンカしてくれます。

 

ケンカの声ってね、

聞いてるだけで

イライラしてきませんか。

きますよね。

わかるわかるホント。

 

 

 

そこに寝不足と

料理したくないのに

昼飯作らねばストレスがかかると

なおさらです。

 

こうして

3連休最終日には

母は般若の様相と

なるわけです。

 

【連休を切り抜けた皆様、本当にお疲れさまでした。さあ、自分癒やししましょう】

 

本日は平日ですね。

 

わが家の子どもたちも

学校へ行きまして。

 

わたしにもやっと

静かな昼間がおとずれました。

(本日は仕事休み)

 

わたしは基本、

誰もいない空間で

ひとりでいる時間がないと

精神の安定をたもてない

人物なので、

 

この昼間のひとり時間が

生きる上で本当に

かかせません。

 

しかし連休や祝日が入ると

そうしたひとり時間が

強制的に減らされてしまうので、

 

本当に冗談ではなく、

精神の死活問題です。

 

うつでなくても

精神の死活問題です。

 

今はお昼すぎですが

わたくし、まだ着替えてません。

(爆弾発言)

 

とにかく眠るのに必死だったので

着替えてません。

 

お昼は食べました。

食パン最高。

 

でもまだ着替えてません。

 

3連休明けなんて

こんなもんです。

 

夕方から用事があるので

着替えなくてはいけないのですが

でもまだ着替えてません。

 

もうちょっと

ひとり時間に癒されてから

着替えようとおもいます。

 

3連休を切り抜けた皆様、

本当にお疲れさまでした。