148センチの日常

ちょっとラクに日々生きる!うつになったから思うこと、大好きな本や暮らしの出来事をつづるブログ

【うつの症状3】読めない本は読むタイミングが「今」じゃなかっただけ

【うつがラクになる本を読みたい】

本を読んでみようかなと思った私は、「一万円選書」に選ばれた本をネットから探して読み始めました。

148cmnonitijyo.hateblo.jp

 

そのうち

「どうせ本を読むなら、うつが楽になるような本も読んでみたい

と思うようになりました。

 

f:id:koyukiusagi:20190418135922p:plain

こちらもネットで必死に探しました。

しかし本をみつけてレビューを読んでも、いまの私に読める本なのかがわからないのです。

 

【読める本と読めない本がある】

 というのも、読書をしていると

 

「読める本」

「読めない本」

 

があることに気がつきました。

 

f:id:koyukiusagi:20190419163216p:plain

 

私がうつの初期に読めた本

  1. 字が大きい

  2. 一文ごとに改行されている

  3. 一冊200ページ程度

  4. 失敗しても大丈夫、今は休むときなんだよと肯定してくれる本

  5. 生きることに懸命な人たちが登場する本

 

ちょっと読むのがつらいと感じた本

  1. がんばろう!前向きに考えよう!とポジティブを前面におしだした本

  2. 登場人物が生死に関わるような苦痛を味わう話

  3. こうやった方がいい、というマニュアル本

 

タイトルにひかれて読みたいと思った本でも、手にしてみると読めないこともありました。

 

【読めない本があっても大丈夫】

その時にわかったのは

「必ず読まなきゃ」なんて思わなくていい

ということです。

 

読めなかったらその本は

読むタイミングが「今」じゃなかっただけ

なんです。

 

f:id:koyukiusagi:20190419162537p:plain

 

実際に私も、読める本の法則にあっている本なのに、読めない時期がありました。

 

そういうときは、読まずに図書館に返却します。

そして1か月くらい経ったら借りなおして読んでいました。

 

 時間をおくと、読めなかった本が読める本に変わることがあります。

 

今はこの本読めないな、という直感は

「この本は、もう少ししてから読むといいよ」

という、自分からのメッセージです。

焦らなくて大丈夫。

ゆっくり読んでいきましょう。